楽々クレジットカード申し込み方法

クレジットカードの申し込みは、申込用紙から申し込みをするほか、インターネットから手続きをすることでカードを作ることが可能です。 申込用紙から申し込みをするときは、書き間違えないように注意する必要があります。 書き間違いや押した印鑑が不鮮明だと、送っても訂正で返送されてしまうことがあるので、慎重に丁寧に書きましょう。 書き方が良くわからないような時は、店頭で係りの人に聞きながら記入していくといいでしょう。 また、書くのが面倒だという人は、ネットからカード会社のサイトにアクセスして、必要事項を入力して手続きすると比較的簡単に済みますので便利です。 カードの引き落としのための銀行の口座を登録する必要もありますが、これもネット銀行を持っている人であれば、カードによってはネット銀行を通じて、印鑑なしで登録できる場合もあります。 ネット銀行を利用することによって印鑑やサインが必要なければそのままカード発行になって、手続きもとてもスムーズになります。 お仕事や育児で忙しい人には最適でしょう。 発行までの手続きの方法はカード会社によって違いますし、またカードが手元に届くまでの期間も異なりますので事前に確認しておくと安心でしょう。 数週間で届くところもあれば、それ以上かかるところもあります。 海外旅行に出かける時など、早く手元にカードが欲しい時は、カード会社にその旨を伝え、なるべく早めに届けてもらうように伝えてみるといいです。


キャッシュバックできるクレジットカードは面倒いらず

クレジットカードの魅力はなんと言ってもポイントにあるのではないでしょうか。 その証拠に還元率の高い年会費無料のカードが人気で、このことからもカード選択においてポイントが重視されています。 ポイントを貯めて好きな商品と交換したり、マイルに移行することも出来ます。 しかし、ポイントには永久不滅のカードもありますが、ほとんどが有効期限があり、その期間を過ぎてしまうとポイントが消滅してしまい大切なサービスを失ってしまうのです。 ポイントをキャッシュバックする機能を持ったカードも多くあります。 2つの種類があって、文字通り指定した銀行口座に振込みしてくれる場合と毎月の請求額からキャッシュバック分を差し引いて請求してくれる方法です。 この方法であれば、ポイントの有効期限を過ぎる心配はありません。 請求額から値引きしてくれる金額をカード会社が計算してくれ自動的に差し引いてくれるのです。 ただこの様な場合、ポイントを利用すると言う感覚には欠けるかもしれません。 毎月であれば差し引きできる金額は微々たるもので、割引を受けたと言った感じにはならないと思います。 しかし、ポイントなどあまり気にしないめんどくさがりの人には最適の方法ではないでしょうか。 最近のクレジットカードは色々な機能があって、私たちは自分に一番合っている方法を選択することが出来ます。 公共料金に限らず、一部の税金もクレジットの対象になっているというような話も聞かれ、安定した生活を送る上でクレジットカードは欠かせません。


このページのトップへ